• 送料無料
商品コード:
bk-0001

どうぶつたちに、ありがとう―thanks to animals 児玉小枝著

1996年、夏。阪神淡路大震災で家をなくしてから一年以上、神戸市内の公園でテント暮らしを続けている一人のおばちゃんに出会いました。
おばちゃんは、一緒に暮らしていたどうぶつたち、犬二頭、猫十一匹とともに被災し、避難生活を送っていました。
震災の起こった1995年1月17日からおよそ二年と半年、自宅の修復が終わる1997年の夏まで、テント暮らしは続きました。
一緒にいるから頑張れる、おばちゃんと13匹の仲間たち。感動の写真物語。
(「BOOK」データベースより)





著者略歴
児玉小枝 / 1970年、広島県生まれ。幼い頃から犬、猫など様々などうぶつたちと生活をともにし、自他ともに認めるどうぶつ好きとなる。短大の児童教育学科を卒業後、どうぶつのためになる仕事を模索しつつ、広告代理店、動物病院、タウン誌編集部勤務を経て、“人とどうぶつとの共生”をテーマに取材活動を開始。現在は、犬と暮らしている人に、しつけ方などをアドバイスする「ドッグ・カウンセリング」や、ボランティア団体「どうぶつ福祉ネットワーク」の活動にも取り組む。家族は夫と10匹の猫(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※送料無料でお届け
販売価格(税込):
2,500
数量:

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る